商品部ブログ

http://www.akyrise.jp/shohin/

シンプル3ステップ

2013年12月 2日月曜日
投稿者:内藤

みなさま、お元気でしょうか?

前回に続きまして

あきゅらいずの上沼恵美子こと内藤の登場です。

 

前回は「美養品と知恵」お話をさせていただきました。

美養品とは、あきゅらいずがこだわって作った商品たちのことです。

その美養品の代表格が3ステップと呼ばれる

「泡石(ほうせき)」「優(ゆう)すくらぶ」「秀(しゅう)くりーむ」です。

 

今回は3ステップにまつわる私の入社試験でのエピソードをお話したいと思います。

私は20121月にあきゅらいずの一次面接を受けました。

 

面接からの帰り際に南沢から3ステップの「お試し詰合せ」を手渡され

「次に来る時に感想聞かせて!」と突然の課題をいただきました。

手渡されるものには自然と手が出てしまう私は「は、はい!」と

元気よく返事をしたように記憶しています。

その夜、夫婦でこんな会話をしたことを思い出します

夫「今日の面接はどうやった?」

私「商品もらっちゃった♪ でも次来る時に感想聞かせてって」。

夫「と言うことは一次合格やったんや」

私「そうや~!!!」

その翌日、二次面接に来てくださいと連絡がありました。

 

二次面接までに「お試し詰合せ」をしっかりと使いました。

化粧品業界での経験もあり、化粧品も大スキだったので興味津々でした。

まずは毎日、3ステップの1商品+手持ちのスキンケアで使ってみました。

「悪くはないな」というのが第一印象。

でも特記できる特長って何だろう?ともやもやした感じでした。

 

その後、3ステップを一緒に使った初日の感動を今も忘れていません。

「よくできてるな~この流れ☆」

3ステップを2日目、3日目と使った翌日の朝の洗顔時、

お肌に触れた感触と、鏡に映った自分の顔に思わず「いけてる!」と

自然と声が出ていたことに驚きました。

 

「泡石」で汚れは落としても、お肌に大切な潤いは落とし過ぎていない。

この潤いが逃げないように蓋をする役目の「秀くりーむ」。

なかでも一番感動したのは、あきゅらいずが「泡石」と「秀くりーむ」の繋ぎに着目し、

お肌を整える役目として作っていた「優すくらぶ」。

まるで「泡石」と「秀くりーむ」とのかけはしです☆

 

「泡石」→「優すくらぶ」→「秀くりーむ」のこの3ステップこそが

私を感動させた「よくできている流れ」=「あきゅらいずの美養品」だったのです。

 

化粧品の品質保証の経験が長いためか、商品裏面の全成分をすぐにチェックしました。

「どんな工場で作っているのだろう?この成分って?」とますます興味津々。

 

二次面接にて、南沢にまずはこの感動を伝えました。

加えて「私の趣味は工場見学です!商品を作っている工場を見たいです!!」と。

これで合格したかどうかは南沢に聞いてみないと分かりませんが、

こうして私は今、商品そのものにかかわる部署ではたらいています。

入社して「優すくらぶ」があきゅらいずから最初に生まれた商品と知って

『「優すくらぶ」を中心とした、3ステップを大切にしよう☆』と決心し、

お肌の調子に合わせて使い続けています。

 

「シンプルゆえに奥深い3ステップ」

「シンプルゆえにどんな方にも使っていただける3ステップ」

 

そう感じています。

 

あきゅらいずの10周年企画第一弾を考えた時に

『「優すくらぶ」は外せない。お客様に3ステップのシンプルな良さを感じていただきたい。』と強く強く訴えました。

あきゅらいずの10周年に立ち会えた喜びを感じながら

私と同じようにお客様にもご自身のお肌の変化を

感じていただきたいと思っています。

 

今回はいつもよりちょっと熱くなってしまったあきゅらいずの上沼恵美子こと内藤でした。