商品部ブログ

http://www.akyrise.jp/shohin/

数量限定の新商品が販売開始です!!

2013年07月18日木曜日
投稿者:内藤

梅雨明け後、いきなりの夏本番モード。
嬉しいやら辛いやらのあきゅらいずの上沼恵美子こと内藤です。


四季の中で夏が一番スキな私。
でもこのうだるような暑さに更年期障害の症状が重なり辛い私。
とは言いつつ、元気だけが取り柄なので
今日も元気にステキな話題を提供いたします。

6
17日に販売開始となった
あきゅらいずの日やけ止め『涼草(すずくさ)』は
もうお試しになられたでしょうか?

もちろん私も毎日使っていますよ。

しかし、ショートカットの私には『涼草(すずくさ)』と一緒にかかせないものが!
それは、通勤時の首元や腕を守ってくれます。
しかも、電車やバス、建物の中の冷房対策にもなります。

その正体は・・・716日に販売開始されたこちら

手つむぎ葉織り.jpg

 

(画像左:『手つむぎ葉織り<渋>しぶ』 150枚限定)

(画像右:『手つむぎ葉織り<素>す』 150枚限定)



実は私、とにかくストールが大・大・大スキ
ほぼ365日ストールを愛用しており
季節毎に新しいストールを探してはお気に入りを増やしています。

そして、今年出会ったのがこの商品を作ってくださったメーカーさま。



わたを育て、糸をつむぎ、織って、裁断し、縫製し、
最後のふさ結びまですべての工程が人の手により
やさしく行われていました。

手つむぎだからこそ「より」が柔らかく、

手加減によって一本の糸の太さにむらが出ます。
元のわたの状態を残しながら糸になっているため、
表面の凹凸が紫外線を遮蔽するそうです。
無加工なのにUV遮蔽率が85%以上。
無加工なのでお洗濯をしても効果は持続。

わたの収穫年によって色の差も出ます。
これは自然のままの色や手仕事により均一でないということの現れ。
また、天然染料染めなので色むらも出ます。
糸の太さが均一でないため、意図的には生み出すことができない
独特のグラデーションとなっています。

※『手つむぎ葉織り<渋>』は、柿渋、よもぎ、ざくろで染めた糸を使用しています。

お話を聞けば聞くほどこの糸に惚れてしまい、
あきゅらいずオリジナルを作っていただきました。

想いのこもったストールです。

コットンなので夏は涼しく、冬は暖かい。
静電気を起こさないので肌ざわりがよく、チクチクする不快感はありません。

是非一枚おそばにいかがでしょうか?

追伸①:HPにモデルとして登場しております。
      初めてプロのカメラマンさんに撮っていただきました。

内藤ストール.jpg

追伸②:2011年に発足した「太陽と上手につきあおう!プロジェクト」にてすっぴん肌の強い見方!ストールと上手に付き合おう」という特集記事がありました。よければご参考までに。