商品部ブログ

http://www.akyrise.jp/shohin/

品質管理というお仕事

2013年01月24日木曜日
投稿者:工藤

こんにちは。商品部の工藤です。

1月20日は大寒でしたね。1年で一番寒いこの季節、皆様体調はいかがですか?

私は先日、友人の母が営む小料理屋で、ほっくほくの「百合根」いただきましたcatface
「百合根」は栄養が豊富で滋養強壮効果があり、漢方食材としても用いられるとのこと。
大好きな「百合根」が実は、私の故郷・北海道産であることや、穫まで長い年月がかかることを初めて知りました。
感謝の心を忘れずに、栄養豊富な旬のものを食べて元気に過ごしましょうcatface




さて、本日はあきゅらいず商品品質についてお伝えさせていたきます。

あきゅらいず商品が皆様のお手元に届くまでには、以下のようなステップにおいて、厳しいチェックがなされています。

①原料

信頼のおける原料メーカー様に品質規格に合格していることを確していただきます

②製造
専門の教育を受けた(協力工場の)作業者様により、適切に管理された環境下で製造が行われます

製品
協力工場とあきゅらいずそれぞれで、品質規格に合格していることを確認いたします
この規格に合格した商品のみを、お客様へお届けしています


商品部メンバーは、原料の産地を訪ねたり、協力工場様への視察や担当者の方との話し合いを通して、適切な品質管理が行われるように常に目を光らせています。

以上を踏まえた上で、お客様からいただくご質問にお答えさせていただきます。



Q.放射性物質の検査はしていますか?

A.
2011年11月におとし玉以外(※1)の全製品(3月11日以降製造分)を対象に、放射性物質の分析を行いました。(※2)
その結果、検出限界以下(検出できない程少ない)であることを確認しています。
先ほどの品質チェック、日本化粧品工業会の見解(※3)を考慮し、あきゅらいず独自の基準設定や、製品製造毎の分析は実施しておりませんが、経過を見守るため、2013年3月に再分析を行う予定です。

※1 おとし玉は中国産であるため、実施しておりません。
※2 γ線スペクトルメーター(ゲルマニウム半導体検出器)法による、ヨウ素-131・セシウム-134・セシウム-137の定量測定
※3 参考URL http://www.jcia.org/n/all_pdf/20110422/110422.pdf



Q.製造に使用される水はどのようなものですか?

A.
化粧品に使用する水は、濾過をして不純物を取り除いたものであり、水道水とは異なります。
もちろん、水質基準をクリアしたものを製造に使用しています。


Q.原料の産地はどこですか?

A.
原料の産地や製造工場の場所等についての詳細は、あきゅらいずの知的財産に関わる情報であるため、お伝えすることができません。
「香風」のヨモ
ギとハッカがネパール産であることなど、お客様にお伝えできる情報は限られているのですが、原料の品質つきましては、各原料メーカー様が実施している内容に従っています。




Q.「草根木皮たまり」は中国産ですが、品質は大丈夫ですか?

A.
製造毎に中国での品質検査、日本の分析機関での検査を実施しています。
検査の詳細は『改善DO!』(上から2つ目)に記載しておりますので、ご確認いただければと思います。




Q.あきゅらいずでは動物実験をしていますか?

A.
あきゅらいず商品を開発する際に、動物実験は行っておりません。また、他機関への委託も行っておりません。
これは、医薬品と異なり、化粧品安全性保証のための動物実験は法的に必要とされていないためです。
商品の安全性の確認は本人の同意を得た社内外人員によるテスト(パッチテスト)で行っております




今後ともお客様に安心・安全な製品をお届けできるよう、
商品部一同、一層の努力をして参りますので、ご理解いただけますと幸いです。