商品部ブログ

http://www.akyrise.jp/shohin/
東京も朝夕の寒暖差が大きくなってまいりましたが、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。毎朝自転車通勤の小山です。

こう冷えてきますと、お風呂の湯船が気持ち良くってついつい「あ~~」っと声が出てしまいます...。

バスタイムをたっぷり楽しみたいところですが、同時に乾燥も気になる季節です。
乾燥肌の私は、よくお風呂上りに足の脛や首がかゆくなってしまったり、指がカサカサになってしまったりするんですよね。
顔同様、体も「洗いスギ」に気をつけたいところです。

そんな、私のような乾燥肌さんに朗報です。

コレです!happy02
garabowafu_blog.JPG


「あクレ(あきゅ式クレンジング)の体用がほしい!」というお客様、そしてスタッフからのアツいご要望にお応えして、
「がら紡和布」のリニューアルバージョンの販売が決定いたしました!
こちらは体用サイズ(約20(幅)×95(長さ)cm)で、来月11月より、WEB限定販売です。
なんと!商品部ブログで初公開!!こちらをご覧のみなさまへ一足お先のお知らせです☆

【リニューアルバージョンって?】

むかーしむかし...あきゅらいずは『がら紡和布(からだ用)』という体用の大きなあクレを販売しておりました。

しかし...
・厚みがあり絞りにくい
・水を含むと重くて使いにくい
・乾きにくく、生乾きの臭いがする

など、「お肌にやさしい糸」を追及した反面、悲しいお声があり、また糸の入荷も間に合わなくなった為、3年前やむなく販売休止に...

ですが、その後もご愛用のお客様からのご要望、そして2012年9-10月号の美養品図鑑で特集された"あクレ"への反響をいただいており、
何とか問題点を改善し、お客様のお声にお応えしたい、再販出来ないか...検討を重ねて参りました。
素材そのものには手を加えたくない...ならば、と、絞りにくさ、乾きにくさ、を改善すべく、幅を10cm狭める事にいたしました。
(弱い糸故に、現在がら紡を織る事が出来る一番狭い幅です^^;)

【がら紡和布の特徴について】
・あきゅ式クレンジングと同じがら紡糸を使用しており、お肌にやさしく汚れを落とします。
(がら紡糸について、詳しくはこちら(あきゅ式クレンジングの商品ページです。))
・昔ながらの織り機を使って丁寧に織り上げておりますので、糸の風合いにより、ひとつひとつ個性がある布です。
・石ケンを使用しなくてもご使用いただけます。(逆に、ナイロンタオルなどと比べると泡が立ちにくいです。)

あきゅらいずらしく、素朴で個性派な「がら紡和布」ですが
あクレ共々、素敵なバスタイムにお役立ていただければ幸いです。

~昔ながらの方法で紡いだ糸のため、長さも太さも自然まかせ。~

結び目があったり、
musubime_blog.JPG

厚みにでこぼこがあったりします。
dekoboko_blog.JPG


※大きさの分、がら紡をたくさん使用しており、この商品はWEB限定の販売となっておりますが、
来る11月3日のあきゅらいず文化祭「ご縁日」でも店頭販売の予定です!


お体もお顔と同様洗いスギず、健やかな美肌を目指しましょうnote