森の食堂

水曜日は薬膳の日

ふだんの森の食堂のごはんから一歩踏み込んで週に1回、毎週水曜日は薬膳料理をお楽しみいただけるようになりました。

監修はあきゅらいずで中医学を教えてくださっている湯先生です。
寒い季節には体を温め、暑い季節には体の熱を冷ます。
薬膳料理は、季節の体に必要なものをぎゅっとつめこんでいます。
丈夫な心と体、そして健やかなお肌を養うお料理を一緒に楽しめたら幸いです。

薬膳レシピ

ブログ記事

【薬膳レシピ】鱈と豆腐の甜麺醤煮込み

2019年04月17日

【効能】
鱈の良質なタンパク質と椎茸、タケノコ、豆腐の組み合わせは、免疫力の強化、滋養強壮の作用が高まります。お年寄りや虚弱体質人に最適の薬膳です。また一般的な免疫性疾患の治療補助にも役立ちます。

【材料4人分】
・鱈切り身  4切れ
・豆腐    1丁
・タケノコ  150g
・干し椎茸  8g
・クコ    5g
・ネギ    100g
・甜麺醤   20g
・醤油    大2
・紹興酒   大1
・胡椒    少々
・塩     少々
・胡麻油   適量
・サラダ油  適量

【作り方】
1. 鱈は少量の紹興酒(分量外)をからめておきます。
2. 椎茸は水で戻してスライス、豆腐は一口大に切り、タケノコはスライス、ネギは斜め切りにします。椎茸の戻し汁は残しておきます。
3. 炒め鍋に油を入れて熱し、やや温まったら鱈を加えて両面に少し焼き色がつくまで焼きます。
4. 3に椎茸の戻し汁400ccと甜麺醤、醤油、紹興を加え、煮立ったら、豆腐、タケノコ、椎茸、ネギを加えて10分ほど煮ます。
5. 水気が少なくなったら胡麻油と胡椒で味を調えます。
6. 器に盛り付け、クコを飾ります。

前の記事

湯忠立(タンゾンリ)先生

1983年 中国遼寧省 遼寧中医学院大学卒業
    同大学助教授・教授を経て

1992年 同大学付属病院 院長

1996年 来日 現在 漢方医事コンサルタント

湯氏中国医学整体院院長

あきゅらいずでは、薬膳の監修や社内向けの
中医学講座を担当

薬膳レシピ

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド

いままでの記事

ページトップへ