森の食堂

水曜日は薬膳の日

ふだんの森の食堂のごはんから一歩踏み込んで週に1回、毎週水曜日は薬膳料理をお楽しみいただけるようになりました。

監修はあきゅらいずで中医学を教えてくださっている湯先生です。
寒い季節には体を温め、暑い季節には体の熱を冷ます。
薬膳料理は、季節の体に必要なものをぎゅっとつめこんでいます。
丈夫な心と体、そして健やかなお肌を養うお料理を一緒に楽しめたら幸いです。

薬膳レシピ

ブログ記事

【薬膳レシピ】鶏レバーの和風ポトフ

2019年03月13日

【効能】
鶏肉と朝鮮人参、山芋は、胃腸の働きを活発にし消化を促進させる最高の組み合わせです。また鶏レバーとニンジンは補血効果を高めます。クコ、菊花、白キクラゲは目の疲れを除き、美容効果も期待できます。胃腸の調子が悪く体力がない、血行が悪く貧血気味、仕事でパソコンに向かう時間が長いという方の体力増強に最適の薬膳です。

【材料4人分】
・鶏手羽先   400g
・鶏レバー   200g
・朝鮮人参   5g
・山芋     100g
・ニンジン   100g
・白キクラゲ  5g
・クコ     5g
・菊花(乾燥) 5g
・ネギ     1本
・鶏ガラスープ 800cc
・酒      大さじ2
・薄口醤油   大さじ2
・塩、胡椒   少々

【作り方】
1. 鶏レバーは白い膜や脂を取り除き、氷水で洗ってから水気を切って塩、胡椒をします。
2. 山芋は皮を剥いて拍子木切り、ニンジンは乱切り、ネギは2cmくらいの輪切りにします。
3. 白キクラゲは水に浸けて戻し、石づきを取り除いて食べやすい大きさに切り、朝鮮人参は熱湯に浸けて戻して浸けた汁は残しておきます。
4. 土鍋に鶏ガラスープと朝鮮人参を浸けた汁ごと入れ、鶏手羽先を入れて強火にかけます。煮立ったら火を弱め、鶏レバー、ニンジン、山芋、白キクラゲを加えてアクを丁寧に掬いながら40~50分煮ます。
5. 酒、薄口醤油、塩、胡椒で味を調え、菊花とクコを加えて一煮立ちさせます。

前の記事

湯忠立(タンゾンリ)先生

1983年 中国遼寧省 遼寧中医学院大学卒業
    同大学助教授・教授を経て

1992年 同大学付属病院 院長

1996年 来日 現在 漢方医事コンサルタント

湯氏中国医学整体院院長

あきゅらいずでは、薬膳の監修や社内向けの
中医学講座を担当

薬膳レシピ

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド

いままでの記事

ページトップへ