森の食堂

水曜日は薬膳の日

ふだんの森の食堂のごはんから一歩踏み込んで週に1回、毎週水曜日は薬膳料理をお楽しみいただけるようになりました。

監修はあきゅらいずで中医学を教えてくださっている湯先生です。
寒い季節には体を温め、暑い季節には体の熱を冷ます。
薬膳料理は、季節の体に必要なものをぎゅっとつめこんでいます。
丈夫な心と体、そして健やかなお肌を養うお料理を一緒に楽しめたら幸いです。

薬膳レシピ

ブログ記事

【薬膳レシピ】鶏肉のウーロン茶煮込み

2018年05月23日

【効能】
鶏肉を茶葉で煮ると鶏肉の繊維が分解されて消化吸収されやすくなります。さらに山芋、椎茸、豆腐を加えることで消化吸収の働きを助けますので、胃弱の人の栄養補給に最適です。

【材料4人分】
・鶏もも肉   2枚
・ウーロン茶葉 20g
・山芋     50g
・椎茸     50g
・豆腐     50g
・クコ     5g
・花椒     5g
・唐辛子    3個
・八角     3個
・桂皮     一片
・生姜     10g
・ネギ     20g
・氷砂糖    20g
・醤油     大1
・紹興酒    大1
・塩      少々

【作り方】
1. 熱湯300ccにウーロン茶葉を入れ、10分ほどおき濃いめのウーロン茶を作っておきます。 
2. 鶏肉は5分ほど煮て水気を切っておきます。
3. 椎茸は十字に四つ切り、山芋と豆腐も同じくらいの大きさに切ります。
4. 生姜はスライス、ネギはぶつ切りにします。
5. 土鍋に1のウーロン茶と水500cc、花椒、八角、桂皮、唐辛子、生姜、ネギ、醤油、紹興酒、塩を入れて火にかけ、煮たったら鶏肉を入れます。
6. 15分煮たら山芋、椎茸、豆腐を加えて更に10分煮ます。
7. 最後に氷砂糖を入れ、完全に溶けたら火を止めて鶏肉を取り出し、2cm幅に切って皿に盛りつけます。
8.山芋、椎茸、豆腐を添え、煮たスープを少量かけて、湯で戻したクコを飾って出来上がりです。

前の記事

湯忠立(タンゾンリ)先生

1983年 中国遼寧省 遼寧中医学院大学卒業
    同大学助教授・教授を経て

1992年 同大学付属病院 院長

1996年 来日 現在 漢方医事コンサルタント

湯氏中国医学整体院院長

あきゅらいずでは、薬膳の監修や社内向けの
中医学講座を担当

薬膳レシピ

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド

いままでの記事

ページトップへ