森の食堂

水曜日は薬膳の日

ふだんの森の食堂のごはんから一歩踏み込んで週に1回、毎週水曜日は薬膳料理をお楽しみいただけるようになりました。

監修はあきゅらいずで中医学を教えてくださっている湯先生です。
寒い季節には体を温め、暑い季節には体の熱を冷ます。
薬膳料理は、季節の体に必要なものをぎゅっとつめこんでいます。
丈夫な心と体、そして健やかなお肌を養うお料理を一緒に楽しめたら幸いです。

薬膳レシピ

ブログ記事

【薬膳レシピ】西施豆腐(せいしどうふ)

2017年10月11日

【効能】
薬膳料理として西施豆腐を作る場合、ニンジンを先に炒めて脂溶性のビタミンを吸収しやすくさせるなどの工夫を凝らしています。栄養分を吸収しやすくさせ、各種の慢性病や虚弱体質の人に最適の滋養薬膳になっています。

【材料(4人分)】
・豆腐      200g
・豚肉      100g
・鶏むね肉    100g
・ムキエビ    100g
・ハム      100g
・セロリ     1本
・椎茸      2個
・ニンジン    1/2本
・タケノコ    100g
・松の実     10g
・鶏がらスープ  1000cc
・塩       少々
・片栗粉     適量
・酒       適量
・サラダ油    適量

【作り方】
1. 豚肉、鶏肉、エビは1㎝角くらいの大きさに切り、片栗粉と酒をまぶして15分くらい置きます。
2. 豆腐、ハム、セロリ、椎茸、ニンジン、タケノコも1㎝角に切ります。
3. フライパンに油を入れて熱し、7分通り温まったら、豚肉、鶏肉、エビをそれぞれ炒め、火が通ったら取り出しておきます。ニンジンも同様に炒めておきます。
4. 土鍋に鶏がらスープを入れて火にかけ、煮立ったら豆腐、椎茸、ハム、タケノコを加えて10分ほど煮ます。
5. 4に水溶き片栗粉を加えてトロミをつけ、豚肉、鶏肉、エビ、ニンジンを加えてひと煮立てしたら塩で味を調え、松の実を散らして出来上がりです。

前の記事

湯忠立(タンゾンリ)先生

1983年 中国遼寧省 遼寧中医学院大学卒業
    同大学助教授・教授を経て

1992年 同大学付属病院 院長

1996年 来日 現在 漢方医事コンサルタント

湯氏中国医学整体院院長

あきゅらいずでは、薬膳の監修や社内向けの
中医学講座を担当

薬膳レシピ

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド

いままでの記事

ページトップへ