森の食堂

水曜日は薬膳の日

ふだんの森の食堂のごはんから一歩踏み込んで週に1回、毎週水曜日は薬膳料理をお楽しみいただけるようになりました。

監修はあきゅらいずで中医学を教えてくださっている湯先生です。
寒い季節には体を温め、暑い季節には体の熱を冷ます。
薬膳料理は、季節の体に必要なものをぎゅっとつめこんでいます。
丈夫な心と体、そして健やかなお肌を養うお料理を一緒に楽しめたら幸いです。

薬膳レシピ

ブログ記事

【薬膳レシピ】スペアリブのトマトスープ

2017年08月 2日

【効能】
トマトには、胃を丈夫にして消化を助ける働きや、体内の渇きを癒す作用があり、また大量に含まれるビタミンA,B,Cにはコレステロール値を下げ、血圧を安定させ、体内の炎症を抑えるなどの効果の他、抗癌作用もあります。ただしトマトに含まれるビタミンは脂溶性のため、そのままでは吸収されにくいものです。
この薬膳では、トマトとスペアリブを組み合わせることで脂溶性のビタミンを吸収しやすくさせると同時に、スペアリブに含まれるカルシウムや鉄分もスープに溶け出し吸収しやすくなっています。
老若男女を問わず誰にでも適した滋養薬膳となっていますが、特に慢性疾患の方や手術後の体力回復期にお薦めします。

【材料(4人分)】
・トマト      2個
・スペアリブ肉   600g
・香菜       2株
《調味料》
・トマトケチャップ 大さじ4
・塩        適量
・片栗粉      適量

【作り方】
1. スペアリブ肉はきれいに洗い、10カップの水で煮込みます。
2. 肉が煮えたら、乱切りキャベツを加えて更に煮込みます。
3. 2に一口大に切ったトマトとトマトケチャップ、塩を加えます。
4. 材料が煮えたら水溶き片栗粉でとろみをつけ、細かく刻んだ香菜を飾ります。

前の記事

湯忠立(タンゾンリ)先生

1983年 中国遼寧省 遼寧中医学院大学卒業
    同大学助教授・教授を経て

1992年 同大学付属病院 院長

1996年 来日 現在 漢方医事コンサルタント

湯氏中国医学整体院院長

あきゅらいずでは、薬膳の監修や社内向けの
中医学講座を担当

薬膳レシピ

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド

いままでの記事

ページトップへ