森の食堂

水曜日は薬膳の日

ふだんの森の食堂のごはんから一歩踏み込んで週に1回、毎週水曜日は薬膳料理をお楽しみいただけるようになりました。

監修はあきゅらいずで中医学を教えてくださっている湯先生です。
寒い季節には体を温め、暑い季節には体の熱を冷ます。
薬膳料理は、季節の体に必要なものをぎゅっとつめこんでいます。
丈夫な心と体、そして健やかなお肌を養うお料理を一緒に楽しめたら幸いです。

薬膳レシピ

ブログ記事

【薬膳レシピ】苦瓜とひき肉の炒め

2017年07月26日

【効能】
苦瓜は体内の熱を冷まして渇きを抑え、目をスッキリさせる作用があります。豊富に含むビタミンCは、夏バテを抑え、紫外線に対する抵抗力を高めます。また独特の苦みに含まれる成分は、食欲増進作用、整腸作用があり、神経に働きかけて気持ちをシャキッとさせる効果があるといわれています。その他、血糖値や血圧を抑え、血液をサラサラにする働きもあります。

【材料(4人分)】
・苦瓜        100g
・豚ひき肉      80g
・ザーサイ      20g
・干しエビ      10g
・パプリカ      1個
・みじん切りニンニク 大さじ1
・みじん切りネギ   適量
・鶏がらスープの素  小さじ1/2
・醤油        大さじ1
・酒         大さじ1
・ごま油       少々
・砂糖        小さじ1
・胡椒        少々
・酢         小さじ1
・サラダ油      適量

【作り方】
1. 苦瓜は種を取り除いてスライス、パプリカは種を取り除いて小さく切ります。
2. 干しエビは、ヒタヒタの水で戻し、水気を切っておきます。
3. ザーサイも細かく切っておきます。
4. フライパンに油をひいて熱し、少し温まったら弱火で苦瓜を水気をとるように炒め、取り出しておきます。
5. フライパンに油を入れて熱し、ニンニク、パプリカ、干しエビ、ひき肉、ザーサイを炒めます。
6. 5に苦瓜と酒、醤油、ごま油、鶏がらスープの素を加えて炒め合わせます。
7. 6に砂糖と胡椒を加えて味を調えて火を止め、鍋の縁に沿って酢を注ぎます。
8. 器に盛り付け、刻みネギを飾ります。 


前の記事

湯忠立(タンゾンリ)先生

1983年 中国遼寧省 遼寧中医学院大学卒業
    同大学助教授・教授を経て

1992年 同大学付属病院 院長

1996年 来日 現在 漢方医事コンサルタント

湯氏中国医学整体院院長

あきゅらいずでは、薬膳の監修や社内向けの
中医学講座を担当

薬膳レシピ

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド

いままでの記事

ページトップへ