森の食堂

水曜日は薬膳の日

ふだんの森の食堂のごはんから一歩踏み込んで週に1回、毎週水曜日は薬膳料理をお楽しみいただけるようになりました。

監修はあきゅらいずで中医学を教えてくださっている湯先生です。
寒い季節には体を温め、暑い季節には体の熱を冷ます。
薬膳料理は、季節の体に必要なものをぎゅっとつめこんでいます。
丈夫な心と体、そして健やかなお肌を養うお料理を一緒に楽しめたら幸いです。

薬膳レシピ

ブログ記事

【薬膳レシピ】 キクラゲの酸甘サラダ

2016年08月 3日

【効能】
キクラゲは食材や生薬として、中国では欠かせない山の幸とされています。免疫力を高めて抗癌作用を発揮し、血液の流れを良くしてコレステロールを取り除くので糖尿病や高血圧、高脂血症の予防に役立つなど、多くの効能が認められています。また中国医学では、体内を潤す働きもあるとされています。
この薬膳では、彩りの良い食材と組み合わせ、甘酸っぱいタレをかけることで食べやすくするとともに、その保健効果を高めています。


【材料(4人分)】
・キクラゲ       5g(75g)
・赤パプリカ    1/4個(4個)
・玉ねぎ      1/4個(4個)
・シシトウ      2個(30個)
・落花生     50g(750g)
・酢      50cc(750cc)
・生抽    大さじ2(450cc)
・砂糖    小さじ2(150cc)
・すり胡麻         適量
・塩            少々


【作り方】
1.キクラゲはお湯で戻して細切り、玉ねぎ、シシトウ、パプリカも細切りにします。落花生は、空煎りしておきます。
2.鍋に水を入れて熱し、煮立ったら塩とキクラゲ、玉ねぎ、シシトウ、パプリカ、落花生を入れ1分間煮て水気を切り、冷ましておきます。
3.酢、生抽、砂糖、すり胡麻を混ぜ合わせてタレを作ります。
4.器に2を入れ、タレをかけて混ぜ合わせます。

前の記事

湯忠立(タンゾンリ)先生

1983年 中国遼寧省 遼寧中医学院大学卒業
    同大学助教授・教授を経て

1992年 同大学付属病院 院長

1996年 来日 現在 漢方医事コンサルタント

湯氏中国医学整体院院長

あきゅらいずでは、薬膳の監修や社内向けの
中医学講座を担当

薬膳レシピ

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド

いままでの記事

ページトップへ