森の食堂

水曜日は薬膳の日

ふだんの森の食堂のごはんから一歩踏み込んで週に1回、毎週水曜日は薬膳料理をお楽しみいただけるようになりました。

監修はあきゅらいずで中医学を教えてくださっている湯先生です。
寒い季節には体を温め、暑い季節には体の熱を冷ます。
薬膳料理は、季節の体に必要なものをぎゅっとつめこんでいます。
丈夫な心と体、そして健やかなお肌を養うお料理を一緒に楽しめたら幸いです。

薬膳レシピ

ブログ記事

【薬膳レシピ】キヌアご飯

2016年03月23日

【作り方】
キヌアはよくといで、一晩水につけておき、米と一緒に炊きます。

【参考コラム】
南米のアンデス原産のキヌアがスーパーフードとして注目されたのは、1990年代にアメリカ航空宇宙局が理想的な宇宙食の素材の一つとして評価してからでしょう。
その優れた栄養価で「21世紀の主要食」と言われています。
牛肉に匹敵する良質のたんぱく質の高い含有量、すべてそろった必須アミノ酸、その他ビタミン、ミネラル、食物繊維も豊富で、しかも低カロリーと完璧な食材です。
中国では藜麦と呼ばれていますが、その栽培の歴史は古くなく、100年くらい前からチベットなどで主食の一つにされているだけです。
したがって薬膳の古典にはその記載がありません。伝統のレシピになくても、栄養学的な成果も柔軟に取り入れて新しい食材を組み込む薬膳は、今もなお進歩し続けているということでしょう。

前の記事

湯忠立(タンゾンリ)先生

1983年 中国遼寧省 遼寧中医学院大学卒業
    同大学助教授・教授を経て

1992年 同大学付属病院 院長

1996年 来日 現在 漢方医事コンサルタント

湯氏中国医学整体院院長

あきゅらいずでは、薬膳の監修や社内向けの
中医学講座を担当

薬膳レシピ

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド

いままでの記事

ページトップへ