森の食堂

水曜日は薬膳の日

ふだんの森の食堂のごはんから一歩踏み込んで週に1回、毎週水曜日は薬膳料理をお楽しみいただけるようになりました。

監修はあきゅらいずで中医学を教えてくださっている湯先生です。
寒い季節には体を温め、暑い季節には体の熱を冷ます。
薬膳料理は、季節の体に必要なものをぎゅっとつめこんでいます。
丈夫な心と体、そして健やかなお肌を養うお料理を一緒に楽しめたら幸いです。

薬膳レシピ

ブログ記事

【薬膳レシピ】鱈と黒豆のカボチャソース

2016年03月 2日

【効能】
鱈は低脂肪、高蛋白で、ビタミンA,D、カルシウム、マグネシウムなどを豊富に含む栄養豊かな食材です。
この薬膳では、カボチャとブロッコリーを組み合わせて免疫力を高め、高血圧や心筋梗塞、糖尿病の予防効果も高めています。

【材料(4人分)】
・鱈切り身    200g
・カボチャ    300g
・ブロッコリー  1/2個
・黒豆      50g
・クコ      10g
・鶏がらスープ  100cc
・片栗粉     適量
・胡椒      適量
・塩       適量

【作り方】
1.鱈はひと口大に切り、塩と片栗粉を塗して5分ほどおきます。
2.ブロッコリーは小分けして塩茹でし、水気を切っておきます。黒豆は一晩水の浸けてから茹でておきます。クコも水に浸けて戻しておきます。
3.カボチャは皮と種を取り除き、小さく切って蒸して柔らかくします。
4.3と鶏がらスープをミキサーにかけ、ペースト状にします。
5.1の鱈をサッと茹で水気を切ります。
6.器に5の鱈を入れ、4をかけて黒豆とブロッコリー、クコを飾ります。

前の記事

湯忠立(タンゾンリ)先生

1983年 中国遼寧省 遼寧中医学院大学卒業
    同大学助教授・教授を経て

1992年 同大学付属病院 院長

1996年 来日 現在 漢方医事コンサルタント

湯氏中国医学整体院院長

あきゅらいずでは、薬膳の監修や社内向けの
中医学講座を担当

薬膳レシピ

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド

いままでの記事

ページトップへ