森の食堂

水曜日は薬膳の日

ふだんの森の食堂のごはんから一歩踏み込んで週に1回、毎週水曜日は薬膳料理をお楽しみいただけるようになりました。

監修はあきゅらいずで中医学を教えてくださっている湯先生です。
寒い季節には体を温め、暑い季節には体の熱を冷ます。
薬膳料理は、季節の体に必要なものをぎゅっとつめこんでいます。
丈夫な心と体、そして健やかなお肌を養うお料理を一緒に楽しめたら幸いです。

薬膳レシピ

ブログ記事

【薬膳レシピ】鶏手羽のワイン煮込み

2016年02月17日

【効能】
食材が最高の組み合わせになっています。鶏手羽肉とニンジン、白キクラゲの相乗効果で基礎体力を高めるだけでなく、美容にも効果的な作用を生み出しています。
虚寒体質の人の滋養薬膳として最適です。
この料理の中国名は『貴妃鶏翅』といいます。楊貴妃が愛用した鶏手羽料理という意味です。唐代の宮廷料理が民間に伝わり広まって、今日まで受け継がれているのです。

【材料(4人分)】
・鶏手羽肉   8本
・ニンジン   80g
・白キクラゲ  5g
・グラニュー糖 10g
・赤ワイン   50ml
・ネギ     1本
・生姜     20g
・鶏がらスープ 200ml
・花椒     10粒
・塩      適量
・胡椒     適量
・サラダ油   適量
・胡麻油    適量

【作り方】
1.鶏手羽肉は湯通しして水気を切り、塩・胡椒を塗しておきます。
2.ニンジンは乱切りにし、茹でて水気を切っておきます。
3.白キクラゲは水で戻し、軽く茹でて石づきを落としておきます。
4.ネギはぶつ切り、生姜は集めのスライスにします。
5.鍋にサラダ油を入れて熱し、ネギと生姜を炒めます。良い香りがしてきたら、鶏がらスープ、50mlのお湯に溶かした氷砂糖、赤ワイン、花椒、鶏手羽肉を加えて強火で煮て、煮立ったら弱火で30分ほど煮込みます。
6.手羽肉が煮えたら、ネギ、生姜、花椒を取り出し、ニンジンを加えて炒め合わせます。
7.皿に白キクラゲを飾り、鶏手羽肉とニンジンを盛り付けて、胡麻油を垂らして召し上がってください。

前の記事

湯忠立(タンゾンリ)先生

1983年 中国遼寧省 遼寧中医学院大学卒業
    同大学助教授・教授を経て

1992年 同大学付属病院 院長

1996年 来日 現在 漢方医事コンサルタント

湯氏中国医学整体院院長

あきゅらいずでは、薬膳の監修や社内向けの
中医学講座を担当

薬膳レシピ

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド

いままでの記事

ページトップへ