森の食堂

水曜日は薬膳の日

ふだんの森の食堂のごはんから一歩踏み込んで週に1回、毎週水曜日は薬膳料理をお楽しみいただけるようになりました。

監修はあきゅらいずで中医学を教えてくださっている湯先生です。
寒い季節には体を温め、暑い季節には体の熱を冷ます。
薬膳料理は、季節の体に必要なものをぎゅっとつめこんでいます。
丈夫な心と体、そして健やかなお肌を養うお料理を一緒に楽しめたら幸いです。

薬膳レシピ

ブログ記事

【薬膳レシピ】タコとセロリの炒め

2015年10月14日

タコには良質の蛋白質やカルシウム、鉄分、それにタウリンが豊富に含まれていますので、血行を良くする薬膳食材として古くから利用されてきました。
この薬膳はタコを中心として、ビタミンB,Cに富むセロリ、ピーマン、クコを組み合わせることで、相乗効果によりその効能を強くしています。体力がなく貧血症状がある人(陰虚タイプの貧血症)の治療補助薬膳として盛んに使われています。
またセロリに含まれる精油成分(セダノリッド、アイビン)や食物繊維は血圧や血糖値を安定させる効果があるので、高血圧や糖尿病の食事療法にも活用されています。

【材料(4人分)】
・タコ.........200g 
・セロリ......100g  
・ピーマン...1個
・クコ.........30g     
・ニンニク...2片    
・サラダ油....適量   
・塩.............適量       
・胡椒..........適量 

【作り方】
1.タコは3mmの厚さに切ります。
2.セロリは1cm幅の斜め切り、ピーマンは3cm角に切ります。ニンニクは薄切りにします。
3.鍋にサラダ油を入れて弱火で熱し、ニンニクを2~3分炒めます。
4.良い香りがしてきたら、中火にしてタコ、セロリ、ピーマンを炒め合わせます。
5.最後にクコを加え、塩・胡椒を混ぜ合わせて味を調えます。 



前の記事

湯忠立(タンゾンリ)先生

1983年 中国遼寧省 遼寧中医学院大学卒業
    同大学助教授・教授を経て

1992年 同大学付属病院 院長

1996年 来日 現在 漢方医事コンサルタント

湯氏中国医学整体院院長

あきゅらいずでは、薬膳の監修や社内向けの
中医学講座を担当

薬膳レシピ

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド

いままでの記事

ページトップへ