森の食堂

水曜日は薬膳の日

ふだんの森の食堂のごはんから一歩踏み込んで週に1回、毎週水曜日は薬膳料理をお楽しみいただけるようになりました。

監修はあきゅらいずで中医学を教えてくださっている湯先生です。
寒い季節には体を温め、暑い季節には体の熱を冷ます。
薬膳料理は、季節の体に必要なものをぎゅっとつめこんでいます。
丈夫な心と体、そして健やかなお肌を養うお料理を一緒に楽しめたら幸いです。

薬膳レシピ

ブログ記事

【薬膳レシピ】鶏つくねの甘酢あんかけ

2014年10月17日

主材料の鶏肉と椎茸はともに補陽の食材なので、相乗効果があります。
補助材料の白菜・松の実・クコは補陰の食材で、陰陽両方を補うことになり、
いろいろな虚証に利用できます。
つくね状なので、脾胃の働きが弱っている人でも消化吸収されやすく、胃腸の
働きを調え、消化も促進されます。
慢性の胃腸病や手術後などの体力回復、倦怠感や食欲不振、顔色が良くないとい
ったときに良いでしょう。

【材料(4人分】
・鶏ひき肉       150g
・白菜         50g
・椎茸         1枚
・松の実        30g
・醤油       小さじ1
・塩          少々
・卵黄        1個分
・片栗粉      大さじ2
・クコ         適量
・味実菜        適量

≪甘酢≫
・スープ      1/2カップ
・砂糖        大さじ2
・醤油        大さじ1
・酢         大さじ1
・塩           少々
・片栗粉       小さじ2

【作り方】
1. 白菜はラップをかけ2分くらい加熱したあと、みじん切りにして水気
を絞ります。
2. 椎茸はみじん切りにします。
3. 松の実はフードプロセッサーで細かく砕いておきます。
4. 鶏ひき肉に、1、2、3、醤油、塩、卵黄を混ぜ合わせて練り、一口大
のだんご状にして片栗粉をまぶします。
5. 4を器に並べ、ラップをしてレンジで5~6分加熱します。(途中で上下
を返す)
6. 別の容器に甘酢の材料を入れ、ラップをして3分ほど加熱します。
7. 倍量でといた片栗粉を6に加えて更に1分加熱します。
8. 7の甘酢を5のつくねにかけ、味実菜とクコを飾って出来上がり。 
前の記事

湯忠立(タンゾンリ)先生

1983年 中国遼寧省 遼寧中医学院大学卒業
    同大学助教授・教授を経て

1992年 同大学付属病院 院長

1996年 来日 現在 漢方医事コンサルタント

湯氏中国医学整体院院長

あきゅらいずでは、薬膳の監修や社内向けの
中医学講座を担当

薬膳レシピ

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド

いままでの記事

ページトップへ