森の食堂

水曜日は薬膳の日

ふだんの森の食堂のごはんから一歩踏み込んで週に1回、毎週水曜日は薬膳料理をお楽しみいただけるようになりました。

監修はあきゅらいずで中医学を教えてくださっている湯先生です。
寒い季節には体を温め、暑い季節には体の熱を冷ます。
薬膳料理は、季節の体に必要なものをぎゅっとつめこんでいます。
丈夫な心と体、そして健やかなお肌を養うお料理を一緒に楽しめたら幸いです。

薬膳レシピ

ブログ記事

【薬膳レシピ】冬瓜とエビ、ニラの煮込み

2014年07月 4日

冬瓜は食物繊維の含有量が多く、100g中に0.9g含まれています。
現代医学の研究に よると、食物繊維を多く含む食物は血糖値を定させる作用があり、血糖指数と食物繊維の含有量には相関関係があるということです。
また食物繊維は体内のコ レステロール値も下げ、動脈硬化の予防にも役立ちます。
さらに冬瓜の食物繊維は、腸の蠕動運動を刺激して腸内に蓄積された発癌物質を排泄させる効果もあり ます。
この薬膳ではエビの良質なタンパク質と抗酸化物質を組み合わせているので、生活習慣病の予防や治療に適しています。

【材料(4人分)】
・冬瓜         500g
・むきエビ       100g
・ニラ          50g
・ネギ          30g
・生姜          10g
・鶏がらスープ     200cc
・酒          大さじ1
・片栗粉        大さじ1
・サラダ油         適量
・塩            少々   


【作り方】
1.冬瓜は皮を剥き、種を取り除いて薄くスライスし、塩少々をからめて10分ほどおいてから、水気を切ります。
2.ネギと生姜はみじん切り、ニラは4cmの長さに切ります。
3.炒め鍋に油を入れて熱し、少し温まったところで冬瓜を入れて焼き、色が透き通ってきたら取り出して油を切っておきます。
4.炒め鍋に残った油でネギと生姜を炒め、エビを加えて軽く炒めます。
5.4に鶏がらスープと酒、塩を加えて、煮立ったら冬瓜を加え、弱火で煮込みます。
6.5にニラを加えて更に煮込み、最後に水溶き片栗粉でトロミをつけます。

前の記事

湯忠立(タンゾンリ)先生

1983年 中国遼寧省 遼寧中医学院大学卒業
    同大学助教授・教授を経て

1992年 同大学付属病院 院長

1996年 来日 現在 漢方医事コンサルタント

湯氏中国医学整体院院長

あきゅらいずでは、薬膳の監修や社内向けの
中医学講座を担当

薬膳レシピ

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド

いままでの記事

ページトップへ