『アトピー』についての記事

はじめまして!

2012年06月 6日水曜日 いくこ
はじめまして、横田郁子ともうします。

昨年まではあきゅらいずで制作の仕事をしていましたが
今年からは中医学事業部としてはたらいています。


私が中医学と出会ったのは、遡ること6〜7年前。
30歳を過ぎてから特にひどくなったアトピー性皮膚炎を
なんとかしてどうにかしたい...と必死で情報を集めていた時でした。
顔は赤くむくみ、ヒリヒリと乾燥の繰り返し。
歩く時にふわりと当たる風が激痛になるという有様。

そんな状況の中、アトピーの方の経験談を集めているうちに
同じ薬でも、良くなる人もいれば悪くなる人もいたり
同じ食べ物でも、良くなる人もいれば悪くなる人もいることに気づき、
アトピーの治し方も千差万別なのでは?という結論に至ったのです。
それからは「アトピーはこれで治るよ!」という言葉は鵜呑みにせず
ひとつひとつ自分の体で確かめてみることにしました。

なにか食べてみては体の状態を確かめて日記に書きとめ、
自分にとって良い食べ物や生活習慣が少しずつわかってきた頃
中医学がまさに同じ考え方の上に成り立っているということを知りました。

中医学は、実践して効果を確かめ理論となり、それをまた実践し...という
途方もない時間の中での繰り返しによって体系がつくられた、
いわゆる「実践医学」ですが、まさに自分の体でそれをやっていたのです!
まぁ私の場合は効率の悪いこと、この上ないのですが...(笑)

そんなわけで数年前からきちんと中医学を勉強するようになり
前よりは効率よく自分の体に耳を傾けられるようになってきたように感じます。

今も梅雨の季節には少し悪化はしますが、どうやったらバランスを戻せるか
自分だけのヒントを持っているだけでも嬉しいものです。

もしもいまひとりで苦しんでいる人がいたら
この経験をぜひ伝えたい!!!という気持ちでいっぱいなのです。

こんな私ですが、どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

namiko01.jpg