夏は『養心』

2012年08月 7日火曜日 ごみ
連日の猛暑でぐったりはしていませんか?

先週の土曜日、

あきゅらいず講座第2回目~夏の養生~が行われました!!

2012-08-04 18.02.18.jpg
左)湯先生
右)白田

息ぴったりの掛け合いで終始和やかに講座は行われました*


夏の養生で大切なことは

養心!

怒らないこと!

がポイントだそうです。

「内経」にこんな記述があります。

『夏の夜、寝るのが1時間くらい遅くなるのは自然に陰気の不足に順応し、朝早く目が覚めるのは陽気が充満していることに順応しているため。睡眠不足は適当な午睡を取ればよい。一日飽くことがなく、怒りを覚えることもない。』

この文献では、終日嫌な思いでいると心が乱れ脾気を消耗させてしまう。つまり、気が旺盛であれば、脾の働きも順調であり、栄養分も末端まで行き渡って「乱れる」ことはないと言っています。

気を消耗しやすい夏だからこそ、
心を乱すようなことをさけ、娯楽や避暑休養など...
「心」を養うことが大切なんだとか。

先人のこんな言い伝えもあります。

『ひと時の愉快な心情は10の良薬に勝る』

今年の夏も暑くてイライラしてしまいそうですが...
そんなときは
いったん心を静かして、
養心♪養心♪

今回の講座もココチカラ特製薬膳を振舞わせていただきました^^

夏のひんやり薬膳寒天
2012-08-04 16.24.59.jpg

巡り粥
2012-08-04 16.24.09.jpg

夏バテで疲れた胃に
お粥おすすめです♡

全2回の講座皆さまのおかげで無事終了いたしました。
初めての試みで、不手際もあったかと思います。
この場を借りてお詫びいたします。

また、季節毎に講座の開講を願うお声をたくさんいただきました。
ありがとうございます。
また決まりましたらお伝えいたします☆

立秋とはいえ、
まだ暑い日が続きますので、くれぐれもお身体ご自愛ください。








« 前の記事へ | 次の記事へ »